歯が抜けたまま放置をおすすめしない理由

桶川の歯医者「手代木歯科医院」のお知らせ詳細ページです。休診情報や検診のご案内などのお知らせや、治療に関する基礎知識などを当院スタッフが不定期で配信しています。患者さんの少しでもお役に立つことができたら幸いです。

画像01

歯を抜いて、治療しようと思いながらそのままになっている、という方はいらっしゃいませんか?

前歯だとあまり放置する方はいないもしれませんが、奥歯だと外から見えないですし、反対側で噛めるから、という理由でついつい放置されてしまいがちです。

ですが、抜けた部分を放置していると様々な不都合が起こってきます。

歯が抜けたのを放置すると起こるリスク

たとえ抜けたのが1本でも、それを放置しているとだんだんと次のようなことが起こってきます。

1.歯並び・噛み合わせが崩れる

抜けた部分を放置していると、支え合っていたバランスが崩れ、周囲の歯が次第に移動し始めます。

例えば、隣にある歯は斜めに倒れてきたり、移動したり、噛み合っていた歯はだんだんと伸びてきたり、と、歯並びや噛み合わせが崩れてきてしまいます。

2.他の歯もどんどん悪くなる

周囲の歯に過剰な負担がかかるのと、傾いてしまった歯に異常な方向からの力がかかるようになることなどから、他の歯まで悪くなってしまうという連鎖が起こってきます。

3.顎に負担がかかる

噛み合わせがずれてしまうことにより、噛む筋肉や顎の関節にも影響が及び、顎の痛みや顎の不調を引き起こす「顎関節症」のリスクが高まります。

4.体の不調を感じやすくなる

歯が一本抜けただけで、噛むバランスがおかしくなりますので、噛む筋肉につながる他の部分の不調も起きやすくなります。

例えば、頭痛、肩こり、首の痛み、など様々な不調の原因となります。

5.消化吸収が悪くなる

しっかりと噛めなくなるため、胃腸に負担がかかり、そこから体の不調につながることもあります。

6.顔がゆがむ

片方でばかり噛んでしまうようになると、筋肉がアンバランスになるため、顔がゆがんだようになってしまったり、片方だけほうれい線が刻まれたりなど、お顔の見た目に影響が出ることもあります。

画像02

歯を失ってしまった場合の治療法

歯をなんらかの理由で失ってしまった場合、例えそれが一本でそれほど生活に支障が出ないとしても、できるだけ早めに歯を補う治療を受けることをおすすめします。

歯を補う治療には、人工歯根を埋め込むインプラント、両隣の歯に支えを求めて被せるブリッジ、取り外し式の入れ歯の3種類の治療法がありますが、それぞれに全く違った特徴、メリット、デメリットがあります。

どの治療が合うかというのは、それぞれの方のお口の状態、ご要望によっても異なってきますので、治療法を選ぶ際は主治医とよく相談の上、ご自分の納得のいく治療法を選ばれることをおすすめします。