両側でバランスよく噛んで食べていますか?

桶川の歯医者「手代木歯科医院」のお知らせ詳細ページです。休診情報や検診のご案内などのお知らせや、治療に関する基礎知識などを当院スタッフが不定期で配信しています。患者さんの少しでもお役に立つことができたら幸いです。

画像01

秋も深まり、冬の気配が近づいてまいりました。
これからどんどん寒くなっていきますので、風邪などひかぬようくれぐれもご自愛ください。

ところで、みなさんはお食事の際、お口の中のどちら側で噛んでいますか?

右側?それとも左側…?

一番良いのは「両側でバランスよく、しっかり噛んで食べる」ことです。

片側でばかりで噛むことを「偏咀嚼(へんそしゃく)」といい、顎のゆがみの原因となります。

これは歯並びに影響するだけでなく、顔や骨格などの体のゆがみ、頭痛や肩こり、腰痛、めまいなど、様々な不調の原因となります。体のゆがみは、特に高齢になると転倒につながり、転倒による骨折や寝たきりを招きますので、若いうちからしっかり予防していきましょう。

画像02

偏咀嚼は単なる癖だけではなく、むし歯歯周病などの痛みを避けていたり歯がない状態のままになっているなど、片側でしか噛めない状況であることが原因のこともあります。

そのような場合は、すぐに歯科で治療を受けて原因を取り除きましょう。

単なる癖の場合は意識して両側で食べるようにしたり、キシリトールガムをいつも噛む側と違う方で一日3回、10分くらいずつ噛むようにします。また、軟らかいものばかりだけではなく、しっかり噛む必要がある繊維質の野菜や肉、根菜類、こんにゃくなどの食べ物も日々の食事に取り入れていくようにしましょう。

毎日のちょっとした習慣がいつの間にか体の不調を招きます

少し意識するだけでも大分変わります。

「入れ歯が合っていなくて噛みづらい」「いつからか入れ歯を使わなくなってしまっていた」というような場合もお気兼ねなく歯科にご相談ください。