密かに忍び寄る大人虫歯とは

桶川の歯医者「手代木歯科医院」のお知らせ詳細ページです。休診情報や検診のご案内などのお知らせや、治療に関する基礎知識などを当院スタッフが不定期で配信しています。患者さんの少しでもお役に立つことができたら幸いです。

画像01

歯に痛みや穴がない=虫歯はない、と思われていることがありますが、それは正しい認識ではありません。

特に、大人の虫歯の場合、そのようなわかりやすい症状が出ないことも少なくありません。

 

大人にできやすい虫歯とは

大人にできやすいタイプの虫歯は、子供の頃に見られる虫歯(穴があく、痛みが出る)といったわかりやすいイメージの虫歯とはちょっと違います。大人に起きやすい虫歯には次のような特徴があります。

 

◆再発した虫歯が多い

歳を重ねるにつれ、虫歯の治療をして詰め物や被せ物が増えていく傾向があります。

そのような人工物を入れたところは、治療をした材質にもよりますが、いずれ人工物と歯との間に細菌が入り込み、虫歯ができることが多いです。

ですが、人工物の奥の虫歯は見えにくく、肉眼で発見できることはほとんどありません。

 

◆歯周病に関連した虫歯が多い

中年以降になると、歯周病にかかる人が増え、歯茎がそれに伴い下がってきます。

そうすると、歯根がだんだんと露出してきます。歯根は、元々表に出ている歯冠(歯の頭の部分)とは違い、虫歯への抵抗性が弱いため、虫歯になりやすい傾向があります。

 

◆ゆっくり進む

子供の虫歯は進行が速い急性う蝕が多いですが、大人の場合には、何年もかけて進行していく慢性う蝕(まんせいうしょく)が多い傾向があります。

画像02

大人虫歯にかかりやすい人

次のような人は大人虫歯にかかりやすい傾向があります。

■虫歯治療箇所の多い人

詰め物被せ物をしている部分が多い人は、それだけ虫歯ができやすくなります。

 

■歯周病にかかっている人

歯周病にかかっていると歯茎が下がりやすいので、露出した歯根の虫歯リスクが高まります。

 

■歯ぎしりをする人

歯ぎしりをする人は、歯の根元に強い力が集中して、その部分がくさび形にくびれてしまい、そこから虫歯ができることがあります。

 

■口の中が乾いている人

加齢タバコ薬の副作用糖尿病口呼吸などが原因で口が渇いていると、唾液がお口の中を洗い流す効果が落ち、虫歯になりやすくなります。

 

■晩酌する人

お酒を飲むと、利尿作用が高まってお口の中が乾燥し、虫歯リスクが高まります。

特に夜寝る前にお酒を飲む習慣のある人は、特に虫歯ができやすくなります。

 

虫歯にならないためには、もちろん食生活を見直す、歯磨きをしっかりと行うといったことも大切です。

大人虫歯はご自分ではわかりにくいので、気になるところがないからと放置せず、定期検診を受けることも忘れないようにしましょう。