口臭の原因は歯から?

桶川の歯医者「手代木歯科医院」のお知らせ詳細ページです。休診情報や検診のご案内などのお知らせや、治療に関する基礎知識などを当院スタッフが不定期で配信しています。患者さんの少しでもお役に立つことができたら幸いです。

画像01

親知らずというと、痛みを出す腫れる、というようなイメージの強い方も多いのではないでしょうか。ですが、親知らずが起こしうる影響はそれだけではありません。

実は、親知らずというのは、口臭の原因になっていることが多いのをご存知ですか?

今回は親知らず口臭の関係についてご紹介します。

画像02

親知らずと口臭との関係

親知らずが口臭の原因になっていることはあまり知られていません。ですが、実際にはそのようなケースをよく目にします。

具体的には次のようなケースです。

 

◆親知らずが中途半端に生えて、食べかすが詰まっている

親知らずが横向きに倒れているケースでよく見られますが、手前の歯との間に食べかすが詰まったものが歯ブラシで取り除けず、腐敗して匂いを放つものです。

 

◆親知らず周囲がよく磨けていない

親知らずはかなり奥の方に位置していますので、あまり意識をせずに歯磨きをしていると、大抵の場合は歯ブラシが当たっておらず、よく磨けていない、ということになりがちです。

このような磨き残しは口臭だけでなく、当然、虫歯や歯周病の原因にもなり、そのような病気になった結果、さらに口臭がひどくなることも珍しくありません。

 

◆親知らず周囲の歯茎の溝に細菌が繁殖している

親知らずというのは、他の歯とは違って真っ直ぐに生えなかったり、中途半端な位置で長期間止まったままになっていたり、ということがよくあります。

このようなケースでは、親知らず周囲の歯茎の溝が深い状態になりますので、その部分に細菌が繁殖し、悪臭を放ってしまうことがあります。