口内炎に似た症状

桶川の歯医者「手代木歯科医院」のお知らせ詳細ページです。休診情報や検診のご案内などのお知らせや、治療に関する基礎知識などを当院スタッフが不定期で配信しています。患者さんの少しでもお役に立つことができたら幸いです。

画像01

誰でも口内炎ができた経験はありますよね?

口内炎は一度できると1週間程度ピリピリと痛んで食事が不便になったりなど厄介なものの、自然に治るものなのでそのまま放置しているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、中には口内炎のように見えて口内炎ではないケースもあり、場合によっては放置すると思わぬ結果を招くこともあります。

今回は口内炎と間違えやすい病気についてご紹介します。

 

…口内炎に似た病気とは?

口内炎の一般的な症状は、赤く腫れた中心部に白い潰瘍部分があるという見た目で、触れるとピリピリと痛みを感じます

中には何もしなくても痛むこともあります。口内炎と間違われやすい病気として、次のようなものがあります。

 

フィステル

フィステルというのは、膿が排出される出口のことで、歯根の先端に膿が溜まる根尖性歯周炎こんせんせいししゅうえん)もしくは、歯根が割れてその周囲が細菌感染を起こし、膿を溜めている場合などにおいてできることがあります。

歯茎が炎症を起こしていて膿の口が白く見えるため一見口内炎と間違われやすいですが、こちらの場合には触れてもさほど痛みを感じないことが多く、また原因を取り除かなければ治らずにずっとその部分に存在し続けます。

また、この場合には、通常、膨らんだり潰れたりということを繰り返すのが特徴的です。

 

◆口腔がん

口腔がんもよく、潰瘍の状態になるため、一見口内炎と間違われやすいのが特徴です。

ただし、こちらの場合も、フィステルと同様、あまり痛みを感じないことが多く、また、自然に治ることがないので、いつまで経っても治らない場合には注意が必要です。

 

画像02

◆口内炎が2週間続いたら診察を受けましょう

口内炎の場合、通常は放っておいても1〜2週間で治癒します。もし、口内炎が2週間経っても改善の兆しが見られない場合には、上で挙げたいずれかの病気である可能性もあるため、念のために歯科を受診して診察を受けましょう。

フィステルが原因の場合には、レントゲンを撮ることによって原因がわかりますので、その状態に応じて根の治療を行うか、抜歯が必要になることもあります。

口腔がんが疑われる場合には、口腔外科に紹介し、詳しい検査を受け必要な治療を受けることになります。

いずれにしても、受診するタイミングが遅れると、歯の寿命、もしくはご自身の健康状態にまで関わってくる可能性がありますので、異常を感じたらできるだけ早めに歯科を受診することをお勧めします。